泌尿器疾患による機能低下とタダリスSX

EDの症状をもたらす原因としてはさまざまなものが想定されますが、若い世代などでも比較的多くみられるのが、性行為や女性そのものに対して何らかのトラウマを抱えていたり、うつ病などの精神的な疾患があるといった、心理的・精神的なものです。また、中高年になると身体的にも厳しい時期を迎えるため、たとえば泌尿器疾患などの異常によって男性機能が低下し、EDの症状があらわれるといったこともあります。
こうした異なるタイプのEDの症状に共通して効き目のある医薬品としては、タダリスSXのようなED治療薬が知られています。ED治療薬は1999年にはじめて国から承認されていますが、以後こうした製品と同様の有効成分を配合したジェネリック品を含めて、さまざまな製品がつくられています。タダリスSXも先行するED治療薬のジェネリック品にあたりますが、効き目は基本的にオリジナルのものと同様であり、服用することによって性器の血管を拡張して、海綿体に充分な血液が供給されるようになります。そのため、海綿体にスムーズに血液が流れないことによって起きるEDの症状が改善されるようになるのです。
また、タダリスSXは服用してから効果が減衰するまでの時間が他のED治療薬と比較すると顕著に長いという特徴もありますので、性行為の途中で効き目がなくなってしまうのではないかといった不安からも解放されます。ただし、それは同時に他のED治療薬よりもスロースターターであるという特徴にもなっていますので、性行為よりも何時間か前までに服用しておくことが勧められます。あまり高カロリーな食事でなければ、服用したあとで食事を摂っても効き目に影響はないとされています。